その他のサービス

M&A,IPOなどにおける労務デューデリジェンス(労務DD)

コンプライアンス上の問題点、潜在的リスクを明らかにします

  • step1.労務管理状況の把握(法定帳簿・就業規則等を確認) 
  • step2.運用の実態確認(ヒヤリング・資料精査)
  • step3.問題点・課題の整理、優先順位付け⇒調査結果報告書(レポート)の作成
  • step4.改善策の実行 <未払い残業代の精算、長時間労働の改善・法令遵守等>     

ハラスメント防止「社外相談窓口」受託

2022年4月、中小企業でも「ハラスメント相談窓口設置」が義務化されました。企業様からは「対応できる人材が会社にいない」「不安だ」というご相談が寄せられ、レイナアラでは経験豊富な女性社労士が対応に当たり、多くの支援をして参りました。そのノウハウを今後も活かし、体制づくりや教育研修なども含めて、強力にサポート致します。

  • step1. 企業の方針の明確化~ <ハラスメントに関するトップのメッセージを公表する>
  • step2. ルールの策定~ <ハラスメント防止規程を含めた就業規則を定める>
  • step3. 実態の把握~ <職場の実態把握のための社内アンケートを実施>
  • step4. 相談窓口の設置/体制の整備~ <担当者の教育・マニュアルの作成>
  • step5. 教育・研修~ <管理職向けと一般職向けに分けた教育・研修の実施>
  • step6. 社内周知~ <step1~step5の定期的な改善・実施>

建設業の労務管理

建設業では、構造的課題(休日労働、人手不足など)が多く、以前から、長時間労働削減に向けた取り組みが求められています。働き方改革関連法の適用(労働時間の上限規制)も猶予されていましたが、いよいよ、2024年4月に向け、本腰を入れて準備を進めていかなければなりません。

レイナアラでは、建設業の「新・担い手三法(建設業法、入契法、品確法の一体的改正)」、分けても許可・経審制度、電子入札制度、CCUS(建設キャリアアップシステム)、公共事業労務費調査などの制度理解を一層深め、お客様と一緒に「建設業働き方改革加速化プログラム」(長時間労働の削減、技能や経験にふさわしい処遇の実現、生産性向上)にも沿った課題解決に努めてまいります。

中小建設事業者のための社会保険加入ハンドブック

その他の提供サービス

  • コンサルティングの入り口となる労働条件審査(就業規則診断を含む)と従業員意識調査の実施
  • 働き方改革、with&afterコロナ時代の労務管理に関するコンサルティング
  • 生命保険、労働保険事務組合(特別加入など)、従業員福利厚生制度(カフェテリアプランなど)の活用・導入コンサルティング
  • 職場のメンタルヘルス対策
  • 女性活躍推進法、次世代育成支援法に係る一般事業主行動計画の策定、届出
  • 年金相談(年金記録訂正に係る相談を含む)
  • 各種助成金相談
  • 労働者派遣業許可申請
  • 種セミナー・研修会の開催、講師派遣(建設業安全大会・定年退職者説明会・新入社員マナー研修など)
  • 提携専門士業のご紹介(弁護士・税理士・司法書士・行政書士など)
  • 事業継続計画(BCP)策定
  • 事務所レター・メルマガ配信などによる定期的な情報提供(ご登録は↓「メルマガ登録はこちら」から)
業務一覧ページに戻る

当事務所の書籍のご紹介

with&afterコロナ禍を生き抜く ~新しい企業の人事・労務管理

著者
川崎秀明、樋口治朗、平澤貞三、滝口修一、亀谷康弘
出版
清文社
発刊
2020/10/16
価格
2,420円(税込)
詳細はこちら

『社会保険加入ハンドブック』

著者
東京SR建設業労務管理研究会
出版
第一法規株式会社
発刊
2018/1/23
価格
2,200円(税込)
詳細はこちら

〒113-0033 東京都文京区本郷3-23-5 
ハイシティ本郷2F TEL03-3812-9581