ニュース&お知らせ

社会保険労務士法人レイナアラ > 定額(固定)残業代制は違法?適法?

定額(固定)残業代制は違法?適法?

定額(固定)残業代制とは、文字通り毎月、残業代相当分を一定金額の定額で支給する制度です。判例は、「基本給の中に残業代が含まれているというためには、割増賃金にあたる部分が明確に区分されていること、法所定の割増賃金との差額を支払う旨が合意されていることが必要である」と言っていますが、これだけでは未だ適法とも違法とも言えません。他にも注意しなければならない事柄があります。慎重の上にも慎重に…もし、導入をされる場合は、事前にご相談下さい。

ニュース一覧ページに戻る

当事務所の書籍のご紹介

with&afterコロナ禍を生き抜く ~新しい企業の人事・労務管理

著者
川崎秀明、樋口治朗、平澤貞三、滝口修一、亀谷康弘
出版
清文社
発刊
2020/10/16
価格
2,420円(税込)
詳細はこちら

『社会保険加入ハンドブック』

著者
東京SR建設業労務管理研究会
出版
第一法規株式会社
発刊
2018/1/23
価格
2,200円(税込)
詳細はこちら

〒113-0033 東京都文京区本郷3-23-5 
ハイシティ本郷2F TEL03-3812-9581